しじみ 鉄分 働き

しじみのサプリメント ※ シジミパワーを実感!しじみサプリ人気ランキング

しじみに含まれる鉄分の働きについて

しじみに含まれる鉄分は、明確には動物性の部類に属し、ヘム鉄と呼ばれています。
この成分は体内では造血を促進する働きをするため、不足すると貧血の症状が悪化する場合があります。
鉄分は大根や小松菜などの野菜にも含まれていますが、これらは植物性の非ヘム鉄として分類され、吸収率では動物性と比較すると劣っています。

具体的には、血液に含まれるヘモグロビンを構成する成分で、体全体に酸素を供給する役割を担っているのが鉄分です。
全身に酸素を届けることで、日々の疲労を解消して、明日への活力を生み出すことができるのです。
夏場などの暑い時期には食欲不振になり、タンパクな味わいで栄養も乏しいものを食べていれば、貧血になる可能性があります。
そのために、昔の人は安価で入手しやすいしじみを多用して、一種のスタミナ料理として利用していました。
栄養の充実度では、ウナギと比較できるほどに素晴らしいですから、大人から子供までの幅広い世代が愛用してきました。

普段からハードな運動をしている人は、しじみを積極的に食べるようにすれば、疲労も大幅に改善します。
鉄分の造血作用に加えて、タウリンの疲労回復効果も重なることで、活力を生み出す力は相乗的に働きます。
植物性の鉄分と一緒に摂取したい場合には、味噌汁に入れて食べる方法が最適です。
味噌汁に入れることで、大豆の鉄分も加わり、しじみのヘム鉄と合わせて強力な働きを発揮します。
ネギやニラなどの香味野菜と一緒に炒め物にしたり、小松菜や生姜と合わせて蒸し料理にしても、しじみの鉄分を余すことなく摂取できます。

毎日のようにしじみを食べていれば、丈夫な血液が作られるおかげで、免疫機能も強化します。
疲れが慢性的にはならずに、常に快調な状態で活動できるのは素晴らしいことです。
鉄分の働きで血液が丈夫になれば、同時に美容にとっても健康的になります。
子供にとっては、成長にも必要な栄養になりますから、様々な料理で食べさせてあげましょう。