しじみ カルシウム 働き

しじみのサプリメント ※ シジミパワーを実感!しじみサプリ人気ランキング
top > しじみに含まれる成分について > カルシウムの働き

しじみに含まれるカルシウムの働きについて

しじみに含まれるカルシウムは、体内では歯や骨を作るために働きます。
栄養の分類ではミネラルの一種になり、マグネシウムと合わせて摂取すると健康的だといわれています。
人体の中に含まれるミネラル成分としては、最も量が多いにもかかわらず、特に不足しやすい性質があります。
骨格が形成される成長期においても、不足すると大きな問題になりますから、子供のうちから意識的に摂取することが重要です。

筋肉や皮膚と同じように、骨も新陳代謝を繰り返しながら、老化に対抗する働きをしています。
新陳代謝のリズムを保つためには、しじみのカルシウムは力強い味方になります。
継続的に摂取していれば、骨がもろくなるような問題が解消されて、老後になっても足腰が健全になります。
骨粗しょう症を予防する働きによって、老後の寝たきりも予防できるのは素晴らしいことです。

カルシウムが不足すると、精神のイライラが顕著になることが知られています。
仕事や勉強が忙しすぎて、精神も十分に安息できない場合には、しじみを積極的に食べるようにすると効果的です。
カルシウムの他にも鉄やタウリンなどの働きが総合的になるため、精神や肉体の疲れも和らぎます。
筋肉などの緊張を和らげる働きで、スポーツをしている場合にも有効な効果を発揮することになります。

血液にとっては鉄分が重要だと考えるのが一般的ですが、しじみのカルシウムも同様に有効な働きをします。
血液にとっては、カルシウムは止血のための酵素を助ける働きがあるのも特徴です。
しじみを積極的に食べていれば、突然の怪我で出血をしても、血がなかなか止まらない事態に対処できるわけです。

しじみのカルシウムを効果的に摂取するために、昔ながらの味噌汁を飲むことは理に適っています。
味噌汁の具材にすれば、発酵によって消化しやすくなっている大豆のミネラルも加わり、総合的な栄養食に変化します。
しじみを味噌汁に入れると、骨格や歯の形成に必要なマグネシウムの摂取量も増やせます。